瞬殺できない相手に対してARは足手まといになりやすい

アローリボルバーというスキルは以前のアップデートの際に
スキル全般を通してダメージの減少と
消費スタミナの増加という痛手を負っています。

だからよほどDexが高くなければダメージ源としては使いにくいといえるのです。

それなりに防御と保護のあるモンスターに対しては
1発のダメージが3桁に達しないこともしばしば。
5発すべて命中させても期待外れのダメージにしかならないんですよ。

たしかにスタミナの消費が激しく、実際のところ通常攻撃(レンジアタック)に比べて
1発あたりのダメージが70~90%程度に抑えられているため、
単純に5回攻撃したときよりもダメージは少なくなるようになっています。
これに対して相手の防御と保護でさらに減少するので、
中途半端な火力では本当にカスダメージしか出せません。


生命力の低い中級や、オオカミやクマなど足の速いモンスターが出るダンジョンでは、
アローリボルバーはその先攻性を最大限に生かして素早く倒すことができるのですが、
ちょっと硬い上級や、影ミッションでは想像以上に弱く感じられます。

硬い敵に対してはマグナムショットのほうが有効ですが、
照準の遅さゆえに外してしまうリスクの大きいことが問題です。


攻撃を食らってダウンした場合、弓を持っているとうまく対処できません。
アタックと違って準備時間があるので間に合わないからです。

こんなときはウィンドミルを使うしかないわけですが、
弓を装備しているときのウィンドミルのダメージに関しても
以前のアップデートで下方修正されてしまいました。

具体的には、弓を持っていない「素手」の攻撃力になります。
Strが高くて素手の攻撃力でも十分というのならともかく、
普通は弓に比べて著しく低いダメージしか与えられないのが現状です。
(以前は高Dexのキャラが弓を持ってミルするととんでもないダメージが出ました)

かといって弓と剣を持ち替える動作にはすきが生じるため、
うまくやらないとボコボコにされます。
Tabキーを連打しまくって必死になればなるほど、
せっかく持ち替えたのにまた持ち替えてしまってカオス状態に陥ります。



まとめると、
数セットの攻撃で倒すことができず、その間に多タゲになってしまう状況では
アローリボルバーはとても不利なスキルであるということです。

攻撃を食らいながら発射することはできないし、
ダウンするとスキルそのものが取り消されてしまいます。
それを確認してからミルやカウンターを使っても間に合いません。

AR…カウンター…ミル…マグナム…
吹っ飛ばされながらどのスキルを使うかあせって連打すると
スタミナがあっという間になくなる
のも弓の恐ろしいところです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • VISVIM 通販

    Excerpt: 瞬殺できない相手に対してARは足手まといになりやすい マビノギハァンタジーライフ/ウェブリブログ Weblog: VISVIM 通販 racked: 2013-07-09 12:23